国際バカロレア

国際バカロレア

山梨県立甲府西高等学校は、2017年9月1日に正式に国際バカロレア(IB)ディプロマ・プログラムの候補校となりました。本校は、現在IBワールドスクール(IB認定校)としての認定に向けた申請段階にあります。IBワールドスクールは、「質の高い、チャレンジに満ちた国際教育に信念をもって取り組む」という理念を共有する学校です。甲府西高も、このような教育に取り組むことが、生徒にとって大切であると信じています。

 

国際バカロレア(IB)とその教育的使命

国際バカロレア(International Baccalaureate、以後IB)は、スイスのジュネーブに本部を持つ国際バカロレア機構が提供する国際的な教育プログラムです。IBは多様な文化の理解と尊重の精神を通じて、より良い、より平和な世界を築くことに貢献する、探究心、知識、思いやりに富んだ若者の育成を目的としています。この目的のため、IBは、学校や政府、国際機関と協力しながら、チャレンジに満ちた国際教育プログラムと厳格な評価の仕組みの開発に取り組んでいます。IBのプログラムは、世界各地で学ぶ児童生徒に、人がもつ違いを違いとして理解し、自分と異なる考えの人々にもそれぞれの正しさがあり得ると認めることのできる人として、積極的に、そして共感する心をもって生涯にわたって学び続けるよう働きかけています。

 

甲府西高校の教育目標

創立115年を超える本校の教育目標は「自主・自律の精神と創造性を尊び、幅広い知性と豊かな人間性の涵養を図るとともに、常に自己と社会をよく見つめ、高い理想のもと広く社会で活躍する人材の育成」です。この教育目標のもと、本校では生徒の自主的な活動が尊重され、生徒たちは自らの知的好奇心に応じて自由に学んでいます。また長い歴史の中で輩出した卒業生は、日本はもとより世界のあらゆる場所で広く社会の発展に貢献しています。

 

国際バカロレア(IB)の10の学習者像

IBワールドスクール(IB認定校)が価値を置く人間性は、 以下のように10の学習者像として表されます。本校も生徒に多様な学習経験を提供することで、これら学習者像に一致する生徒の育成を目指しています。

  • 探究する人     (Inquirers)
  • 知識のある人    (Knowledgeable)
  • 考える人      (Thinkers)
  • コミュニケーションができる人 (Communicators)
  • 信念をもつ人    (Principled)
  • 心を開く人     (Open-Minded)
  • 思いやりのある人  (Caring)
  • 挑戦する人     (Risk-Takers)
  • バランスのとれた人 (Balanced)
  • 振り返りができる人 (Reflective)

記事を探す


PDFファイルの参照には ADOBE READER (無料)が必要です。
上のバナーから ADOBE READERのダウンロードサイトへアクセスし、お使いのOS環境に最適なバージョンの ADOBE READER をダウンロードして下さい。