文芸部

「部長が思う文芸部の面白いところ」
文芸部は『文芸部』という名前こそ硬いものの、実際は自由に何を作ってもいいという硬さとはかけ離れた部活動です。このような部活動なので、自分の世界を自由に作り上げることができます。例えば、小説を使って自分の頭の中の世界を文字によって具現化することも可能。例えば、短歌や俳句を使って限られた文字数の中に自分の世界をぎゅっと詰め込むことも可能。例えば、詩を使って自分の世界を独創的な雰囲気に包みこんで表すことも可能。それ以外の方法を使って表すことももちろん可能です。自分の世界を表すために必要なツールはたくさんあります。しかしそれだけでは自分の世界を具現化することは不可能です。具現化するのに必要なのは創意工夫、本人の創作力なのです。これを用いて何十通りにでも何百通りにでも表すことが可能です。これができるのが文芸部の面白いところだと思います。

実績
平成30年度
平成31年 歌会始めの儀 入選 加賀爪あみ(1−3)
第20回関東地区文芸大会茨城大会俳句大会 佳作 河西美空(3−3)
平成30年度 山梨県俳句大会 高校生特別賞 河手優真(3−3) 髙野美来(2−2)

平成29年度

第41回全国高等学校総合文化祭「2017みやぎ総文」文芸部門参加

3-1 青柳百音

 

第19回関東地区高校生文芸大会埼玉大会 詩部門参加

3-1 青柳百音

3-2 坂本茉優

3-4 江里口侑真

 

平成29年度 山梨県高等学校芸術文化祭文学部門

小説の部 芸術文化祭賞   3-1 青柳百音

詩の部  芸術文化祭賞   3-1 西田安利

芸術文化祭優秀賞 3-4 江里口侑真

 

平成29年度 山梨県俳句大会 高校生特別賞

2-2 河手優真

 

第32回全国高等学校文芸コンクール

詩部門 入選 3-1 西田安利

 

第63回青少年読書感想文全国コンクール

高等学校課題図書の部 サントリー奨励賞 1-4 山本水桜

 

第63回青少年読書感想文山梨県コンクール

高等学校課題図書の部 県議会議長賞 1-4 山本水桜